logo

スラックライン

スラックラインの起源は定かではありません。古代中国や韓国又ローマ帝国時代に行われていたという記述もあります。

近代になってからはヨセミテなどのクライマー達やモアブに集まるエクストリーマーたちの間でロングライン、ハイラインが 試されてきました。現在のフリースタイルのスラックラインは2007年にドイツシュツットガル(Stuttgart,Germany)にある Gibbon社の創始者のロバート・ケイディングが5cm幅のラインで簡単に設置するためのラチェットコンセプトを開発し、街中で 遊べるようにしたことで、一気にヨーロッパ中に広がりました。すぐにその波はアメリカ、アジアにも及び、世界中で スラックラインを楽しめるようになっています。

バランス感覚や集中力を養うトレーニングツールとしても、近年、このスラックラインが多くのアスリートやスポーツジム、リハビリなどで注目を集めています。

インナーマッスルが鍛えられるので、相乗効果として、姿勢改善やシェイプアップに繋がります。

綱渡りのようにバランスをとるとなると、足で踏ん張ると思っている人も多いかもしれませんが、上半身でうまくバランスをとり、身体の軸がぶれないようにするのがコツです。

日:2月 10, 2014